ビレッグ サイズ

MENU

ビレッグのサイズについてご紹介!

ビレッグのサイズについてご紹介

ビレッグを購入する時に、一番気を付けなくてはいけないことは、ビレッグは自分に合うサイズがあるかどうかを確認することです。ビレッグを購入したくても自分に合うサイズがないとせっかくの着圧効果も半減してしまって効果も得ることが出来ませんよね。

 

そのため、サイズを確認することはとても大切なことなのです。では、ビレッグのサイズってどうなっているのでしょうか?販売店やその他の情報も大切ですが、一番忘れてはいけないビレッグのサイズについてここではご紹介いたします。

 

ビレッグのサイズはフリーサイズ?

では、早速ビレッグのサイズはどうなっているのかご紹介いたします。ビレッグのサイズについてはフリーサイズになっています。つまり、MサイズとかLサイズには分かれていないということになりますね。

 

では、フリーサイズってどのくらいのサイズを言うのかというと、女性の場合では基本的にはMサイズを指します。ちなみに男性のフリーサイズはLサイズになるのですが、ビレッグについては女性専用の着圧レギンスになりますので、女性のMサイズが基本的なサイズになるということですね。

 

しかし、Mサイズだけが対象だということではありません。フリーサイズとは、Mサイズ以外でも基本の体型を持っている人なら誰でも着用出来るという意味なので、Lサイズの人でも着用することは可能なのです。

フリーサイズが合わない人

基本的なサイズが合う人とは言っても、全員が合うということはありません。ここは注意しておきたい所なのですが、体が華奢でいつもサイズはSサイズだという人や、少し太っていてLサイズが難しいという人の場合は、ビレッグのサイズは合いませんので購入を控えた方が賢明です。

サイズが分かれる可能性は?

ビレッグについては、今はフリーサイズになっていますがもしかしたら誰でも着用出来るようにこれからSサイズやLLサイズなどのサイズが出てくる可能性もあります。

 

これは何故かというと、ビレッグは今大変人気の商品になっており、セルライトが消えたという報告まであるくらいなのです。そのため、ビレッグを使って脚やせをしたいという人が絶えずいますので、「他のサイズも付くってほしい!」という要望があればSサイズやLLサイズについても販売する可能性はあります。

ビレッグのサイズについてのまとめ

ビレッグのサイズについては、フリーサイズになっていることが分かりました。フリーサイズとは、女性の場合だと基本的にはMサイズがフリーサイズの対象となりますが、Lサイズなどの普通の体型を持っている人なら誰でも体に合うという商品です。

 

そのため、基本的にはビレッグは多くの女性に合うのですが、SサイズやLLサイズの人にはサイズが合わない可能性が高いので、ビレッグを購入するのは控えた方が良いと思います。せっかく購入しても着圧効果を得ることが出来ないのではお金が勿体ないですよね。

 

しかし、ビレッグはかなり人気の商品なので、要望が沢山集まれば他のサイズの製造もあり得るので期待しましょう!

 

>>ビレッグの購入はこちら